虫歯再発【神経が見つかりません】

疲れがたまると歯が痛くなるとか
単純に虫歯になったとか
歯が痛くなる原因はいろいろあると思います。

私は小さな頃に治療した歯が、定期的に痛くなるという
謎の現象があり、そのたびに歯医者さんに行って
歯医者さんを悩ませるという迷惑をかけていたのですが、
最近その原因が分かったので書いていきます。

と思ったのですが、長くなりそうなのでこの記事では
歯が痛くなり始めたきっかけ~大学病院に再度通院するまでを書いています。

歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』

スポンサーリンク

痛くなった歯について

神経の治療

私は小学校の時に、隣町にある歯医者さんに通っていました。
すでにその頃から戦いは始まっていたのです。

右の奥歯の治療で、神経を取ることになりました。
なんか、口に金属のようなものをひっかけられて何かを測定されながら、
「痛かったらすぐに左手をあげてね」と
お医者さんに言われてガリガリと細いヤスリみたいな何かで歯を削られて
細い針みたいなので何かをされて
チクチク、ガリガリ、い、いたい

そうして、右奥歯の治療は終わったのですが、
その際に言われたことは
「神経がどうしても1本見つからない」
だからまた痛くなるかもしれないねと。
神経の先は細くなってるそうだから、見つからないこともあるんだろうな
そう思っていたのですが、この歯にずっと苦しめられることになります。

 

再発1

次にその歯が盛大に痛くなったのは
カラオケで夜働いていた時でした。
今から10年位前の話です。

子供の頃に「また痛くなるかも宣言」を出されていたので
あぁ、ついに痛くなってきたかと。

その頃から、私は歯磨きの際にその痛い歯の周りをガリガリと磨き
歯と歯の隙間に歯ブラシの毛を入れてかなり念入りに磨くという行為をしていました。

夜勤明けに歯医者に行き、見てもらったところやはり例の歯のあたりが怪しいと。
だけど、神経を取っているなら痛むことはないという事で少し様子を見ようという事になり
他の歯に虫歯が見つかったので他の歯の治療をしてその時は終わりました。

 

再発2

数か月後、やっぱり痛い。
今度は別の歯医者さんに行って、もう一回話をしたところ
じゃあ中を見てみようという事になり
一度治療済みでふたがしっかりされている歯を削ってもらいました。

昔と変わらず、もう一度神経の治療をしますという事になり
またあの痛い治療が数回続きました。

「やっぱりね、先が細くなっていて見つからないんだよね」
ふーふーと、ため息をつきながら先生は言いました。

いったん根っこの治療は終わりましたが、やっぱり細い神経が見つかりません。
次に痛くなっら、大学病院とかに行った方がいいかもしれないね…
歯医者さんは最後にそう言いました。

 

再発3

それから数年たち、私は結婚して田舎に住み始めました。
それまでは街中に住んでいたため、歯医者さんも気軽に行けていたのですが
見知らぬ地に引っ越してきて、どこの歯医者がいいのかわからない。

なんとなく、疲れると歯がズキズキするなぁ
という事があったのですが、寝れば収まるような気がしたので数年放置していたのです。

だけど、去年。甘いチョコを食べていた時です。

ズキン!

思いっきり、右奥歯に痛みが走りました。
甘いチョコが歯にしみるなんてあるんだろうか…甘さが口の中からなくなれば
さっきまでのズキズキはなくなるのですが、それがきっかけで
甘いものを食べると奥歯が痛むようになってしまったのです。

これはおかしい、というか甘いものが食べられないのは嫌だという事で
新しい職場の先輩にどこの歯医者がいいのか聞いて行ったのが優しい歯医者さんで。

これまでの歯のいきさつを話すと
「じゃぁ、大学病院に紹介状書いてあげます」と、ジャムおじさんみたいな歯医者さんが言いました。

大学病院へ

大学病院に来るのは実は数十年ぶりで。
弟が小さいころに通っていたのでなんだか懐かしいような不思議な気分になりました。

ただ、今住んでいるところからは車で小一時間かかるので
何回も通うのは嫌だなぁと思っていたのですが
ここでも痛みの原因がよくわからないようで。

まず、今回歯が痛くなった原因が「甘いものを食べた時」にしみるような感じという事で
昔治療した歯が原因ではなく、歯磨きのし過ぎによる知覚過敏なのではないかと。

「知覚過敏って、冷たいものが歯にしみるとかだけじゃなくって
甘いものでもしみたりするんですよ~、実際私もそうだったんです。
私の父も歯医者さんで、見てもらってたんですけどね、私も甘いものがしみるんですよ」

という、ショップ店員みたいな共感をされて
歯周病と知覚過敏の治療をしました。

確かに、私は痛いところの歯の周りだけガリガリ歯磨きをしていたので、
その一生懸命磨いていたところの歯の周りだけエナメル質が弱り
歯の根元と歯茎に大きなダメージを受けているという説明はしっくりきました。

また痛くなったときは、来てください。

そう言われて1年くらいたったのでしょうか。
痛くなりました…

3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ

虫歯再発

今回初めに私が感じたのは歯の痛みではなく頭痛でした。

私は頭痛持ちというわけではないのですが
最近歳のせいか体質が変わり、生理前に頭痛がするようになったのです。

なので今回も、
あぁ、もう生理来るのか1か月って早いな、と思っていたところ。
ところが、頭痛が治らないのです。
そして生理も来ない。

何で頭痛いんだろう、疲れてるのかな、
そんなことを考えながら、今日も歯磨きをせっせとしていた時…

ズキン

私の奥歯に衝撃がはしりました。

歯の治療で、神経の治療をしたことのある方ならわかるかもしれないのですが、
あの時に感じるチクチクとした痛みに似た、それのもっとすごいヤツ(語彙力のなさ)
甘いものがしみるというレベルではない痛さ。(甘いものがしみるのもすごく痛い)

「あぁ~」

その時から、奥歯がズキズキと痛み始めました。

次の日になったらズキズキは収まったのですが
この頭の痛みはもしかしたら歯の痛さからきているのだろうか…と気付きます。
相変わらず、頭痛は続いていました。

コロナになってから病院に行ったことがなかったのですが
前回紹介状を書いてくれた、ジャムおじさんみたいな歯医者さんに電話しました。

一回大学病院で見てもらっているなら、もう一回大学に行った方がいいよ。
紹介状書くから一回来てくださいと言われ歯医者さんへ。
(この歯医者さんへも車で30分。田舎はいいのか悪いのか)

そうして、また紹介状をもらい
今度は治るのだろうかという不安をもとに大学病院へ向かいました。

 

続く。

 

タイトルとURLをコピーしました