キャンドルの癒し効果の秘密【1/fゆらぎって何】

 

ストレスにまみれている世の中、癒されたい…と思いませんか。
ストレスの発散方法は人それぞれ。

私は趣味でキャンドルを作っています。
マルシェで少しだけ販売をしたり、ワークショップをしたりしていますが
その時によくお話しすることをまとめてみました。

このページではキャンドルの癒しの効果について書いていきます。

スポンサーリンク

見た目がキレイなだけじゃないキャンドルの癒し効果

 

見た目も素敵なキャンドル。
置いておくだけで、それまで普通だったお部屋もなんだかおしゃれな感じになります。

火を灯すと、温かい「あかり」が広がって穏やかな気持ちになるんです。

ゆらゆら揺れる炎の秘密【1/fのゆらぎ】

1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)って?って感じですよね…

以下Wikipediaより
「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)とは、
パワー(スペクトル密度)が周波数 f に反比例するゆらぎのこと。
ただし f は 0 より大きい、有限な範囲をとるものとする」

ってやっぱりよくわからず難しい。

自然界には1/fゆらぎというものがあって、
この揺らぎにはヒーリング効果があるといわれています。
1/fゆらぎはピンクノイズともいわれ、
不規則さと規則正しさがちょうどよく調和している状態の事を言うそうです。

規則正しいようで正しくない、
不規則な感じが心地よい…みたいな感じでしょうか。

具体的には人の心拍の間隔、キャンドルの炎の揺れ方、小川のせせらぐ音、
木漏れ日、蛍の光り方などがあるそうです。
また、1/fゆらぎは一部の人間の歌声にも現れるといわれています。

キャンドルの炎にも、ゆらゆらと揺れる1/fゆらぎの効果があって
火を灯すとリラックス効果が期待できます。

キレイなキャンドルを見て
「めっちゃ癒される」と思うのにはこういった理由もあったんですね。

オレンジ色の炎の秘密

オレンジ色は心が穏やかになったり、緊張を和らげるといった効果があります。
キャンドルに火をつけると、
あたたかいオレンジ色の炎が灯ります。

炎の色は、実は温度によって変わるのですが
炎の温度が高いと火の色は青くなり、低いと赤くなります。
(たき火の赤っぽいオレンジ色の炎よりも
コンロに火をつけた時の青い炎の方が熱いという事)

キャンドルのオレンジ色の炎の温度は、大体1400℃くらい。
めっちゃ熱いんですが、炎の色的には低い方にあたります。

キャンドルは低い温度でゆっくりと燃えるためオレンジ色の炎になり
色がもたらす効果でも癒されるというわけです。

マイナスイオンが出ている【森林浴よりすごい】

キャンドルが燃えるときに、マイナスイオンが発生するそうで
その放出量は、森林や滝から発生する量よりも多いといわれています。

マイナスイオンは人体を活性化する作用があって
疲労回復や自律神経の乱れを整えるといった効果が期待できるとの事。

キャンドルに火を灯せば、発生したマイナスイオンが部屋中に広がります。

どんな時に使う?

キャンドルに火を灯すだけで、
自分に贅沢をしているような少しだけリッチな気分になりませんか。

海外では日常的にキャンドルを灯す文化があるのですが
日本では特別な時にキャンドルをつけるというイメージがあります。

誕生日の時とか、結婚式とか、少し良いところのレストランとか。
仏壇にお線香をあげるときとか。

「かわいいんだけどいつ火をつければいいかわからない」

よくそんな事を言われるのですが、
まぁ、確かにそうだよねぇと。

私もキャンドルを作り始めた頃は
もったいなくて火をつけられませんでした。

この日本人が誇る「もったいない精神」がなんか邪魔をしている気がする…

だってキャンドルは、燃やすと溶けてなくなってしまうんです。
でも、火を灯してみてわかったことは
火を灯してこそのキャンドル。

揺らめく炎に溶かされて
少しづつ形を変えていくキャンドルを見て楽しむ。

もったいないけど、
ただ飾っているだけの方がもったいないんですよね。

 

おすすめのキャンドルを灯すタイミング3つ

誕生日の時や瞑想やヨガなど、
特別なとき以外にもぜひキャンドルを灯してみてほしいです。

湯船につかりながら

私の一番のおすすめはお風呂でキャンドルを灯すこと

湯船につかるときに
電気を消して、灯りはキャンドルの炎のみにしてみてください。

1つだけではなく、2,3個同時につけてみてほしいです。
そして欲を言えば、火をつけたてのキャンドルではなく
写真のような大きめのキャンドルを数時間灯して炎が下がってきた時がベストです。
アロマキャンドルとかもいいですね。

湯気と炎の揺らぎは最高に癒されます。

お風呂で灯す際は
火をつけるので、やけどに注意して換気をしっかりしてくださいね
あまりにもキレイで、上から炎をのぞき込んだりするととっても危険
あっついです笑

ゆっくりしたい時に

忙しくて、なかなかゆっくりとした時間を取ることができない…

そんな方はストレスもどんどんたまってしまい
自律神経の乱れにもつながります。

生活のリズムを整える一環として
一日の中で少しだけほっと一息をついてゆっくりとした時間を作る事は
とても体にいい事なんだそうです。

ゆっくりとした時間を過ごすときに
ぜひ自分のお気に入りのキャンドルを灯してみてください。

だけど、なかなかゆっくりできない!
忙しくて、そんな時間とれないという方にお勧めなのが
朝にキャンドルを灯すこと。

私は休みの日は朝起きたらキャンドルに火をつけて
ぼーっとしたり、観葉植物に水をやったり
ゆっくりテレビを見たりしています。

作業をするときに

私はパソコンに向かっているときは
いつもキャンドルに火を灯しています。

これは何かで調べたわけではないので私だけかもしれませんが
なんとなく集中するような気がするのです。

キャンドルを作っている時も火を灯しながら作ることが多いし
本を読むときやお菓子を作る時もキャンドルに火をつけています。
お菓子作りの時なんかは、
オーブンで焼いている間はキャンドルを見てぼーっとしていますね笑

 

他にもキャンプでたき火と一緒にキャンドルを灯したり
寝る前につけたりと使い方は自由なんです。

ただ、火を扱うので消し忘れや火傷に十分注意してくださいね。

おしゃれなキャンドル、
もったいなくてなかなか火をつけられない!という方、
ぜひ試してみてください。

そして至福の時間をお過ごしください。



 

タイトルとURLをコピーしました