キャンドルの種類

様々なシーンで活躍するキャンドル。
実はしっかりと分類分けされていて、呼び名があります。

大まかなキャンドルの名前をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

テーパーキャンドル

  Taper Candle(テーパーキャンドル)

テーパーとは先が細くなっているという意味。
細長いキャンドルをテーパーキャンドルといいます。

らせん状に筋が入っているものや、先端に掛けて細くなっているものもあり色も豊富。

細長く倒れやすいため、燭台を利用して火を灯すことが多く、
教会や食卓など様々な場所で使用されます。

 

ピラーキャンドル

Pillar Candle(ピラーキャンドル)

ピラーとは柱(はしら)のこと。

先ほどのテーパーキャンドルと比べると直径が太く自立します。
最も多いのが写真のような円柱型ですが、四角柱や円錐のものなど形は様々。

火を灯して燃焼が進んでいくと、キャンドルホルダーのように周りが溶け残り
美しい灯りを楽しむこともできます。
種類によってはロウが垂れることもあるのでキャンドルホルダーや
不燃性のお皿の上で灯すのがおすすめ。

香り付きのキャンドルもあり、香りのついている大きめのピラーキャンドルは
お部屋に置いているだけでいい香りが漂います。

コンテイナー(ジャー)キャンドル

Container Candle(コンテイナーキャンドル)

グラスキャンドルやジャーキャンドルとも呼ばれます。
ガラスの瓶やアルミなどの容器にロウが入っているキャンドル。

中に入れるロウは植物性のソイワックスが人気です。
また、透明なジェルワックスを使えばとても涼しげなキャンドルになります。
100円ショップなどでもよく見かけるようになりましたね。

容器に入っているためロウが垂れる心配はありませんが
火をつけているとガラスの容器などが熱くなるので注意して取り扱いましょう。

ティーライトキャンドル

Tealight Candle(ティーライトキャンドル)

名前の通り、もとはティーポットを温めるためのウォーマーとして使われたキャンドル。
ちいさな火のためゆっくりと熱が伝わり、
アロマポットやチーズフォンデュの熱源としても最適です。

小さなアルミやポリカーボネート製の容器にロウが入っていて
3~4時間ほどで燃え尽きてしまいます。

キャンドルホルダーなどに入れて灯りを楽しみたいときは
透明なポリカーボネート製の容器のものがおすすめ。
アルミ製の容器のものより光を通すため明るくなりますよ。

 

 

他にも粘土のようにロウで自由に形を作る手ごねキャンドルや
日本の伝統的な製法がある和ろうそく、
ボーティブキャンドルと呼ばれる宗教儀式でよく使われていたキャンドル、
薄い形状で水に浮くフローティングキャンドルなど
様々な種類があるキャンドル。

ぜひお気に入りの一つを見つけて、火を灯してみてくださいね。

 

キャンドルの起源などはこちら

キャンドルの歴史
今はインテリアや癒しグッズとして一般的になったキャンドルですが 元々は暗闇を照らす「あかり」として私たちの暮らしを豊かにしてきました。 だけどキャンドルって、 昔からこんな素敵な形や香りがするものだったのでしょうか...

 

 

【7日間無料体験】キャンドルの著名な先生のレッスン受け放題!MIROOM (ミルーム)

 

 

タイトルとURLをコピーしました