舌にできた口内炎

休みの日のブログです。
今日は口内炎の話とパキラの話。

スポンサーリンク

口内炎・舌炎になっていた

あぁ、なんか口の中が痛いと思い始めたのは
仕事が終わりかけの夕方でした。
なんだか舌の両側がチクチクするような。

私は熟れすぎた桃を食べると時々アレルギー症状が出て
口の中がヒリヒリしたり、まぶたが腫れたりします。
舌の両側がチクチクする症状はこのアレルギー症状に近いものだったので
その時はお昼ご飯に何か変なものが入っていたのかなぁと思ったのですが
朝に時間がなかったので白米メインのふりかけご飯…笑

次の日起きると、もう水を飲むのも辛いくらい口の中が痛いので
恐る恐る口の中を見てみましたが、
特に何も口内炎のようなものはありません。

でも痛い。
というか痛いのは舌か!

と思って舌を見てみると、
舌の先の方と裏側に白いぽつぽつとしたものが出ていました。

あぁ、怖い。ガンだったらどうしよう…
そう思ってネットで調べようと思ったのですが画像がなかなかグロいので断念。

口内炎になる原因

口内炎は文字の通り、口の中やその周辺の粘膜に起こる炎症のことだそうです。
ほっぺたの内側や歯ぐきなど口の中の広い範囲に炎症が起きて痛みも出ます。

口の中はホコリやウイルスなどの影響を受けやすく
口内炎を引き起こす原因も様々。
でも今は、常にマスクをしているような状態なのにどうして痛くなってしまったのでしょうか。

免疫力の低下・栄養不足・睡眠不足

口内炎で多いのはアフタ性口内炎。

白い小さなぽつっとしたできものが口の中にできて
痛みが出たり食べたものがしみたりします。

口内炎はストレスや疲れで免疫力が下がっているときによくできるようです。
その原因はまだよくわかっていないようなのですが
ストレスが溜まっていたり、疲れていたりすると
食事をきちんと取らず栄養のバランスが乱れてしまったり
睡眠不足になってしまいますよね。
この生活の乱れも原因の一つといわれています。

女性の場合はホルモンバランスの乱れる生理前や妊娠期にもできることが多いそうです。

アフタ性口内炎は、だいたい10日程度で治るそうですが
なかなか治らない場合はアフタ性口内炎ではなく別の病気の可能性もあるとのこと。

 

ウイルスや細菌などの感染

ウイルスが原因で口内炎ができることも。
原因となるウイルスには、カンジタ菌や単純性ヘルペスウイルスなどがあります。

ウイルス性口内炎の特徴は、
粘膜に小さな水ぶくれができ、破れると潰瘍ができます。
他の口内炎に比べて痛みが強く、発熱や倦怠感を伴う場合もあるそうです。

ヘルペス性口内炎は乳幼児に多いと言われています。
強い痛みがあり、赤く腫れるのが特徴。
ヘルペスウィルスへの感染で発症するウィルス性の口内炎で、
舌や唇、歯ぐきだけでなく、唇の外側やのどに近い粘膜など
いろいろな所に症状が出るそうです。

口内炎が治った後もヘルペスウィルスは体内に潜伏するそうで
大人になってからも疲れや体調不良の場合に再発しやすいそうです。

ウイルス性口内炎ができると、
痛くてご飯を食べるのも大変になるので、水分補給ををしっかり行ってくださいね。
原因となるウイルスや細菌により治療法は異なるそうですが、
あまりにも痛い場合は、悪化する前に病院に行きましょう。

外傷・熱傷・薬による刺激

外部からの刺激によってできる口内炎はカタル性口内炎というようです。
口の中の粘膜に赤い炎症や斑点、水ぶくれやひび割れなどの症状が出ます。

ほっぺたの内側を噛んでしまったり、
熱いものを飲んで舌を火傷したようになったり。
また、歯の治療で合わない被せものをしたり
入れ歯や共生の器具が粘膜に触れてできた傷なども原因になります。

口の中が赤く腫れ、荒れたようになるだけのこともあるので
口内炎と気付かない場合もあるそうです。

被せ物や入れ歯が合っていない場合は調整するか、
新しく作り直すことで改善できますね。

口の中が乾燥している

なんと、口の中が乾燥すると、細菌が繁殖しやすくなったり
口腔内の免疫力が低下してしまうんだそうです。

こまめな水分補給をして、
唾液がきちんと出るように食事をよく噛んで食べるよう心がけましょう。

 

疲労や栄養バランスが崩れたことが原因でできた口内炎は、
十分な睡眠をとって体を休めたり
栄養のバランスを整えたりすることで、自然に消えるようです。

ですが、10日以上治らなかったり、熱が出てだるかったりした場合は
病院に行くことをお勧めします。
痛くて物が食べられないときも、
バランスのとれた食事ができず直りが遅くなるので病院で見てもらった方がいいですよね。

口内炎・舌炎は何科を受診すれば良い?

歯科・口腔外科耳鼻科を受診するのがいいようです。
お子様の場合は、かかりつけの小児科で診てもらうのも良いとのこと。

治療方法は、レーザーでの治療や
塗り薬や飲み薬を出されることが多いようです。

口内炎の薬やビタミン剤なら薬局にも売っているから
やっぱり病院に行かなくても大丈夫そうだな…と思っているのですが、
ウイルス性の口内炎は原因となっているウイルスに効く薬などもあるそうなので
やはり病院に行った方が原因もわかるし安心ですね。

 

パキラの挿し木をしました!
という報告をしたかったのですが、長くなってしまったので今日はここまで。
ハンドメイドのイベントの仕事も少しづつ入ってきたし
前々から動いていたお金がないけど家を買うという試みにも兆しが見えてまいりました。
また時間がある時に書いていこうと思います。

 



タイトルとURLをコピーしました