フリーターへの道【就職1年目】

 

就職1年目。
福祉系の学校を卒業し
とある障がい者の通所施設に就職。
併設された軽食喫茶を運営しました。

軽食喫茶+施設利用者の支援という、新卒にはハードルが高い職務内容に負け
1年で退職。

学生の頃にバイトはしてきたから
ある程度社会の仕組みのようなものは知っているつもりだったのですが、
本当の「会社」で働くのとバイトは違いますよね。

 

バイトを働かせるために、社員がシフトを作ったり
仕事を教えるマニュアルを作ったりという、
社員が賄う部分をやる、という意識が完全に足りなかったのです。

施設で私が作業をするんじゃなくて
施設を利用する方々がやる仕事を考える、そして仕事をしてもらう。
何度も施設にボランティアで通っていたのに。

いざ働き始めると、直属の上司のような方がいなくてほぼ手探りで仕事をはじめました。
(施設自体は昔からあったのですが、軽食喫茶は私が入社した年に新設されました。
ニューオープンの店をスーパーのレジ打ちしかしたことのない私が任されたのです、大変)

栄養士さんに原価の計算方法を聞いたり
いろんな仕込みを勉強したり
施設の利用者さんの記録や今後のプランを考えたり。

生活支援、就労支援がメインのため
利益はあまり考えなくてよかったというところだけが救いでした。

 

利用者さんにどう動いてもらうか、一から考えてとてもやりがいのある仕事でしたが
若い、新卒というだけで保護者からは受け入れてもらえず、そこが一番苦労しました。

私はどちらかというとヤンキー上がりとまではいかないけど、
まっすぐな道から少しだけそれたような生き方をしてきたので
(学生時代のいろんなことはまたいつか書きます)態度はあまりよくなかったと思います。

だから自分が悪いのですが。
そこに負けてやめたようなものです。

それから長いフリーター生活が始まりました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました